酵素についての豆知識

酵素とは??

酵素とは、ヒトの体内にある生きていく上で必要な存在です。


酵素は体内で消化・吸収・代謝・排泄・呼吸や病気を治す自然治癒など、
イロイロな働きをし私達の生命を維持してくれています


生きていくために必要なものといえば、
水・空気・太陽の光ときいたことがありますが、酵素も同じくらい生きていくためには欠かせない大事なものなのです。


最近なにかと注目されている酵素ですが、
アメリカの医学者:エドワード・ハウエル博士の著書「酵素栄養学」で、酵素が生命にとって重要性が理解されたことがきっかけでした。
「酵素栄養学」には、酵素と食事・健康について細かく書かれています。
現在、酵素に関する本や学説もこの「酵素栄養学」が大きく影響を受けています。


体内には約3000の酵素があると言われその主成分はタンパク質から構成。
このタンパク質は熱やPH(ペーハー)の変化に弱く活性を失い(失活)体内からどんどん減っていきます。


維持に必要な酵素が多く使われ、体内で酵素が不足してしまった場合、
外部から取り入れることが必須になってきます。


酵素は、ヒトの体内にある体内酵素だけでなく体外酵素と呼ばれる食物酵素微生物が作る酵素があります

ilm04_aa38015-s.jpg
新鮮な野菜や果物・植物などにも含まれている食物酵素は、
野菜やフルーツを食べることで酵素を補給することができます。


酵素は熱やPHの変化に弱いです。


ほとんどの食物酵素は42度から48度で失活してしまいます。
食物から酵素を補給する場合には生で食すか、50度以下の加熱調理でないと酵素は失活してしまいます。


タンパク質は加熱するとかたまります。
玉子を例にすると、加熱すると白身も黄身もかたまりますよね。
同じように、酵素タンパク質なので加熱すると活性を失い、力も失ってしまいます。


また酵素はphにも弱く、体内に入ってから吸収されるまでの間に失活してしまうことも多々。
胃酸は体内に悪影響を与えないように有害物質を死滅させるためph2前後と大変強い酸性です。


この強い酸性の胃酸に酵素が負けてしまい、体内に入ったものの失活してしまっていることが多いのです。


効率よく酵素を最大に活かして摂取するには酵素が最も活性する30-60度がBESTといわれます。
70度を超えると酵素は失活してしまうので、加熱調理をすると酵素を摂取すること難しいようですね。


微生物は作る酵素はいわゆる発酵からできる酵素のこと。発酵食品2.jpg
納豆や醤油・味噌やお酒・ビール・漬物・ヨーグルト、最近注目されている麹にも酵素は多く含まれています。


体外酵素を日々の食事の取り入れることは大事なことですが、酵素を生かして摂取するのは容易ではないようです。

簡単に体外酵素を摂取するには、酵素ドリンクを活用するのが確実ですね☆


酵素ドリンクにも活性酵素が含まれていないものもあります。
清涼飲料水と表示があるものは、加熱殺菌が義務付けられています。
加熱された食物の活性酵素は存在しないんです。


酵素ドリンクによっては、独自の技術で加熱殺菌しても酵素が失活していないものもあるので、ドリンク選びも慎重にしたいものです。




関連記事
体内の酵素を増やそう!!
酵素を多く含む食べもの


次のページ「酵素の種類とその働き」へ≫≫≫