酵素についての豆知識

酵素の種類とその働き

ヒトの体内にある酵素は体内に約3000種類あるといいます。

しかし、それぞれの酵素は1つの役割しか果たせません。酵素のはたらき 画像.jpg
ですから、多くの酵素が体内には存在しています


ヒトの体内にある酵素(潜在酵素)消化酵素代謝酵素の2つに分けられます。


消化酵素は、食べたものを消化・吸収するための酵素です。


口から入った食物は、
噛み砕かれ唾液に含まれる酵素アミラーゼがデンプン(糖質)をエネルギーの元となるブドウ糖に分解。


食道を通り、胃液に含まれる酵素プロテアーゼがタンパク質やペプチドをアミノ酸に分解


そして、膵液・胆汁・小腸液に含まれる酵素リパーゼが脂質を脂肪酸に分解し、栄養は腸で吸収されます。


このように、様々な酵素の働きによって消化・吸収がつかさどられています。


代謝酵素とは、
主に消化・吸収された栄養素を身体中の細胞へと運び、有効に働く手助け(新陳代謝)をします


他にも、体内の毒素を汗や尿として排出したり体内の余分な脂肪を分解し排出させたりします。
病気や怪我を治す自然治癒力や、病気になりにくく健康な身体を維持させる免疫力を高めることも代謝酵素の働きのおかげです。


代謝酵素の中でもSOD酵素は体内で増えすぎた活性酸素を除去する働きをし、ウィルスや病原体・毒素などから身体を守る物質です。

ストレスや紫外線・喫煙などが原因で必要以上に活性酸素が増えすぎてしまうと、動脈硬化やガンの発症・老化や体の不調をきたします。


SOD酵素は増えすぎた活性酸素を除去し、老化予防・健康維持・免疫力の向上に欠かせない酵素なんです。


消化酵素と代謝酵素、この2つの酵素ですが、
ヒトの体内では消化酵素が優先して酵素を使ってしまいます。


消化酵素が使った残りを代謝酵素が使っているので、体内の酵素が少ない人は必然的に代謝酵素が少ない状態になります。


身体をまったく動かしていない状態でも、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、体温を維持したりと
体内では休みなくエネルギーを使っています。
生きていくために必要最低限のエネルギー基礎代謝といいます。


この基礎代謝が高い人は脂肪を燃焼させやすいので太りにくかったり、病気にもなりにくく自然治癒力も高い人が多いようです。
肥満になったり、免疫力が低く病気になりやすいひとは、基礎代謝に使える酵素が少ないのが原因かもしれませんね。




関連記事

酵素とは??
基礎代謝と肥満の関係


≪≪≪前のページ「酵素とは??」へ