酵素についての豆知識

加齢で体内の酵素は減っていく?酵素が不足すると身体がどうなるの??

体内にある潜在酵素(消化酵素・代謝酵素)は生まれてきた時はたくさんありますが、

加齢と共にどんどん減少していきます


酵素が減るのはどんな時なんでしょうか?
実は食事をする時・疲れた時・ストレスを感じた時に体内の酵素が減ると言われます


中でも、意外なのが食事をする時。
食事をする時には、消化酵素が働くのでたくさん食べれば消化酵素もたくさん使います。


一生に作られる体内の酵素は数も遺伝子に組み込まれていて決まっているんだそうです。


ヒトの場合、平均で男性は16歳頃、女性は14歳頃がピークといわれます。
20歳から25歳で酵素を作る能力が衰え始め、40歳で急激に減り、
70歳になると、更に減るといいます(あくまで平均的な目安です)

酵素が作られなくなりゼロになると生命維持できなくなる寿命ということになります。


酵素の数が多ければ、細胞の生まれ変わりも早く疲れも取れやすい。
逆に大人になると歳をとるほど、疲れがとれにくくなっていきます。
子供が常に元気なのは、酵素の数にも関係があるのかもしれませんね。


潜在酵素の数は遺伝子に組み込まれ決まっているので、病気をしにくく免疫力が高い人や長生きする人など個人差があります。


酵素不足の原因は、潜在酵素の数にもよりますが、
加齢だけでなく日々の生活習慣も大きく関係しています。


暴飲暴食をすれば、消化酵素を使いすぎ代謝酵素の回らなくなり酵素は不足・・・

インスタント食品や冷凍食品など加熱調理で簡単に食べられるものばっかり食べていても、
食物酵素は補給されず、体内の潜在酵素のみで賄わないといけないので、結果的に不足してきてしまいます。


こんな症状が現れたら、酵素不足かもしれません・・・

※最近太りやすい
※疲れやすい
※肌の調子が悪い
※風邪をひきやすくなり、免疫力がおちたと感じる
※冷えやむくみ
※生理不順
※便秘など・・・


特に女性は酵素が不足すると、便秘や肌荒れ・ニキビなどの肌トラブル・生理痛がひどくなったり・太りやすくなったり、
実年齢よりも老けてみられたりと、悪いことばかりです・・・


酵素不足を解消するには、体外酵素を摂取し体内の酵素を補うことが大切です。



関連記事 〈酵素不足を解消するにはコチラを参照↓〉

体内の酵素を増やそう!!
酵素を多く含む食べもの
酵素の名サポーター☆補酵素


≪≪≪前のページ「酵素の種類とその働き」へ


次のページ「体内の酵素を増やそう!!」へ≫≫≫