肥満の知識

基礎代謝と肥満の関係

基礎代謝とは快適な環境温(20℃)下で空腹で安静にしている時のエネルギー代謝 横になり、まったく身体を動かしていなくても、呼吸・血液循環・消化・脳活動・体温を保ったり、 生命活動のために常時使っているエネルギーのことです。


1日のエネルギー消費量を100%として考えると、約60‐70%が「基礎代謝」
運動で消費する「運動誘発性体熱産生」約20‐30%
食事の消化・吸収・代謝に使われる「食事誘発性体熱産生(DIT反応)」10%
と、基礎代謝がほとんどを占めています。


基礎代謝量は、年齢や性別によって大きく違います。基礎代謝基準値(性・年齢階層別)修正.jpg
10代をピークに基礎代謝は低下し、成人男性で1日約1200‐1600kcal
成人女性で1日約1000‐1300kcal程度と言われます。
子供の頃は基礎代謝が高いため、
食べても食べても消費されるので太りにくいんだそうです。


若い頃は食べても太らなかったのに・・・というにはちゃんとした理由があったんですね。


では、1日に最低限必要なカロリーってどのくらいなんでしょうか??
体重(kg)×基礎代謝基準値(性・年齢階層別)=基礎代謝量
基礎代謝量を1.3倍(30%プラス)した数値が1日に最低限必要なカロリー
ということになります。


性別で比べると、女性よりも男性のほうが基礎代謝は高いです。
女性のほうが、基礎代謝が低いのは妊娠・出産のため男性よりも体脂肪を多く蓄えているからと考えられます。
確かに、一般的に男性のほうが筋肉質で女性のほうが丸みがありますよね。


基礎代謝なかでも約40%を筋肉が消費しています。
筋肉量が多い=エネルギーをたくさん消費する=基礎代謝が高いということになります。


同じ体重でも筋肉量が多い人。
すなわち体脂肪が少ない人の方が基礎代謝が高く脂肪がつきにくい。
つまり太りにくいということなんです。


ということは、体脂肪の多い人は、筋肉を増やせば基礎代謝も上がり脂肪が燃えやすくなるんです!!


基礎代謝を上げるには、良質のタンパク質を摂り筋肉量を増やすことが必須です。
他には、

有酸素運動をし肺活量を上げる→心肺機能の向上→血行がよくなり体内に酸素が行き渡ることで代謝UP!!
・冷えを解消し体温を上げる!
・半身浴や岩盤浴で血行を良くし老廃物を溜め込まない
体外酵素(酵素を多く含む食品や酵素ドリンクやサプリメント)を補給する


基礎代謝量がUPすると、免疫力もあがり病気もしにくく、自然治癒力も上がります。
健康な身体になり、肥満も防止できるので、基礎代謝を上げることはとても大切なことですね。


関連記事
肥満の定義って!? BMIと体脂肪率の関係
肥満の原因
隠れ肥満にご用心
太り方別 おすすめダイエット法
体内の酵素を増やそう!!
酵素を多く含む食べもの
老廃物よ!さようなら!!デトックス効果と体質改善にも役立つ酵素ダイエット



≪≪≪前のページ「太り方別 おすすめダイエット法」へ