肥満の知識

毎年同じパターン!正月太り解消・リセットするダイエット方法

正月太りが引き起こされてしまうのは、摂取カロリーが大幅に増えてしまい、消費カロリーとの差が大きく生まれてしまうからです。人間の体は、過剰な摂取カロリーは体内に蓄積され、脂肪となってしまうことになります。


また正月太りが引き起こされてしまうのは、消費カロリーも少なくなってしまうからです。運動不足により、カロリーの消費量が少なくなることで、より脂肪が増えてしまうことになります。


正月太りを短期間で解消するためには、正月太りの原因と逆のことを行うことが必要になります。そのためには、摂取カロリーを削減し、消費カロリーを増やす必要があるのです。なので、食事の量を制限し、運動を積極的に行うことが必要です。


短期間で運動不足を解消し、体重を減少させるためには、有酸素運動を行うことが有効です。有酸素運動を行うことが、脂肪の燃焼につながるために、有効です。


また有酸素運動のメリットとしては、体の冷えを解消することができるということです。血流が改善され、心肺機能を鍛えると、心臓から送り込まれる血液の量を増やすことができます。これにより、毛細血管の血流が改善されるために、冷え性の改善につながります。


短期間で痩せるためには、食事の制限も必要になります。長期間で痩せる場合には、運動を行うだけでも、食事制限をしなくても徐々に体重を減らすことができます。しかし、正月太りは一時的な現象であるために、短期間で体を戻すためには、摂取カロリーを削減することが必要なのです。


しかし急激に食事の量を減らすことは危険であるために、正月前の食事の量の程度に戻すだけで十分です。そして運動不足を解消するために、運動量を増やすようにしましょう。一時的な体重の増加は、無理に食事の量を減らすよりも、運動量を増やすことのほうが安全に痩せられます。また過度に食事の量を減らすと、体が冷えてしまう原因となるため、体力の低下につながります。