肥満の知識

実は肉は太らない?肉中心の食事でダイエットできるのはなぜ?

ダイエットの大敵といえばすぐにお肉が思い浮かびますが、実はその考え方は間違っているといいます。お肉には体を作る栄養素が豊富に含まれる上に、脂肪を燃焼する効果もあることが知られています。


またお肉は食べ応えがあり無理な食事制限をしているという実感もないため、ストレスを溜めにくいメリットもあります。


上手にお肉を食べることはストレスフリーで効率の良いダイエットが実現するのでおすすめです。


何故お肉がダイエットに良いのかという理由は、牛肉や豚肉・鶏肉にはタンパク質とL-カルニチンが豊富に含まれているからです。


ダイエットで効率良く脂肪を燃やすには、食生活からタンパク質とL-カルニチンを摂取することがとても大切です。


特にお肉などの動物性のタンパク質は人間の体内の血液や筋肉の生成に深く関わっています。タンパク質を食事から摂取することで、体内の筋肉量を維持しながら代謝を高めてくれる作用があります。


また牛肉や豚肉・鶏肉などからは、良質のタンパク質が豊富なので痩せるためには是非摂りたい栄養素といえます。L-カルニチンは体内で合成されるアミノ酸の1種です。L-カルニチンを摂取することで、体の中の脂肪がエネルギーとして燃焼されるのを助ける作用が高まり痩せやすくなるといいます。


特にL-カルニチンは牛肉などの赤みの肉に多く含まれます。このようにダイエットにはお肉に含まれるタンパク質とL-カルニチンが必要不可欠ということが分かりました。


さらに効率良くスリムになるためには、上手にお肉を食べることが重要なポイントです。鶏肉は高タンパクで低脂肪なササミや胸肉がおすすめです。もも肉を食べる時には鶏の皮部分は出来るだけ避けて頂くようにすると良いです。


また豚肉を食べる時はロースやもも肉などの脂身の少ない部位がダイエットには最適です。さらに牛肉を食べるならもも肉やヒレ肉などの、赤身が多い部分を頂くように心がけましょう。お肉も工夫次第ではダイエットの強い味方になってくれるので、積極的に食べるようにしたいものです。